【生後9ヶ月の赤ちゃん成長記録】ロタウイルス発症!つかまり立ちや一人遊びはするの?

ロタウイルス子育て

こんにちは!

今回はわが子の成長記録シリーズ!として生後9か月目の模様をご紹介します。

遂に発症してしまった、

『ロタウイルス』

のレポートをメインに記載します。

もしよろしければ子育ての参考にしてくださいね。

*いつもこのシリーズでお話をしていますが、赤ちゃんによって成長の度合いはそれぞれです。従ってこの記事に一喜一憂することなく、お子さまの育っていく姿をどっしりと構えて見守ってあげてください。

かなり厄介!ロタウイルスを遂に発症

下痢

9か月目に入り、遂にわが子もロタウイルスを発症しました。発症したのは2020年1月の初旬です。あくまで推測の範疇ですが、まずは発症の経緯をご説明します。

お正月のサービスエリアで発症??

実家から平塚に帰る際に、高速道路で渋滞にはまってしまい、何気なくサービスエリアにINしました。サービスエリアの中は「人!人!人!」でごった返しており、生後9ヶ月を迎えたわが子はマスクもしていないノーガード状態でした。おそらくそこで菌を貰ってきて発症したと思われます。。。(まだ新型コロナウイルスは流行していない時でした)

ロタウイルスの症状は?

 

わが子の場合は、とにかく下痢をしていました。

ロタウイルスと判明するまでには、なにやらお腹が緩いな?下痢っぽいな?くらいしか我々も気づいておりませんでした。しかし、3日もその症状が続くのはおかしい・・・と思いました。

そして、下痢を処理している時にガーゼでお尻を拭く度にお尻が真っ赤になっているではありませんか。。。お尻を拭くと痛いようで泣き叫びます。(可哀そう。。。。。)下痢もしていない時もヒリヒリしているようで泣いています。

これは普通ではないな・・・と思い病院に連れていくと「ロタウイルス」と判明。

正月から毎日が下痢処理との戦いです。酷い時には1日6回も下痢。その度に洗面所でお尻洗いの繰り返しでした。

下痢の色は「薄い緑」。白いと危険と聞いていたのでその点は少し安心でしたね。

またいつも飲んでいたミルクも下痢を促進する原因になっていたので、医師のアドバイスで「ノンラクト」というミルクに変更したら少しづつうんちも固くなり改善されてきました。(少し値が張るミルクなんです。。。)

ノンラクト

 

商品リンクはこちら(森永乳業のサイトに飛びます)

*因みに、この1か月間は離乳食はストップしておりました。(食べ盛りなのにーー)

ロタウイルスの終息は約1か月かかった

赤ちゃん

結局、この下痢生活を正月からほぼ毎日繰り返し終息したのは2月の初旬でした。

両親、わが子ともにやっと平穏な生活が戻って安堵したことを今でも覚えています。

今回のロタウイルスの発症で分かったことは、生まれて間もない子供を不特定多数が集まる場所には連れて行かないという事です。生まれて約6ヶ月は母親からの免疫があるので、病にかかりづらいと言われておりますが、それが終わると一気に免疫が弱まってあらゆる病気にかかりやすくなるようですので、同じくらいのお子さまをお持ちの方は注意が必要です。

つかまり立ちは始めた?一人遊びは?

一人遊び

ロタウイルスのお話が少しながくなってしまいましたが、実は9か月目はほとんどこのウイルスにやられており、つかまり立ちをする気配もありませんでした。。笑

唯一の成長は一人遊びです。ぬいぐるみやタオルにある「タグ」を一心不乱に舐めたり、絵本を自分でページめくりしたり、ボールを掴んでみたりなど8ヶ月より一人遊びを覚え、格段に落ち着いてきた印象です。

ハイハイで行動範囲が広がってきたこともあり色んなモノに好奇心が芽生えてきたようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はロタウイルスがメインの記事になってしまいましたが、私が子育てしてきた期間(とは言ってもまだ10ヶ月足らずですが)最も過酷な時期だったと思います。妻もわが子?もこの時期を乗り越え、更に家族の絆が深まってきたと感じました。

次回は月目の成長記録をご報告したいと思いますのでお楽しみに。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました