バス通勤のメリットとデメリットは?|これからバス通勤される方へ

通勤・帰宅
Jonas HasselqvistによるPixabayからの画像

こんばんは!

いつも当ブロブをご覧いただきありがとうございます。

さて今回は私が今続けているバス通勤 のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

これから見知らぬ土地に住む際に、駅の徒歩圏内にするかバス通勤にするか悩まれるときの参考にして頂けますと幸いです。

バス通勤のメリット

まずはメリットをご紹介したいと思います。

・雨の時は歩く必要がないので、濡れる心配がない。

・駅から遠いぶん、住宅費を安く抑えることができる。

・座れればゆっくり考え事ができる。

ざっと考えてもこの程度でしょうか。。。

個人的には最もメリットが高いのは

2番目の「住宅費を安く抑えられる」ことだと思います。

やはり住宅費は固定費になるので、ここを下げられると生活にも楽になっていきます。

バス通勤のデメリット

Jan VašekによるPixabayからの画像

次にバス通勤のデメリットについてご紹介したいと思います。

・時間どおりにバスがこない。

・雨の日には車内が大混雑。

・駅から少し遠い所で降ろされると結局歩く。

・最寄りのバス停までが遠いと結構歩く。

・本数が少ないと待ち時間が長い。

・バスの時間通りに乗る電車を調整しないといけない。
(電車が遅れた場合は、希望のバスには乗れない。。。)
 

メリットよりもデメリットの方が多くなりました。

(恣意的ではなく、じっくり考えた結果です。)

1か月でどのくらい時間のロスをするのか?

obpia30によるPixabayからの画像

バス通勤のデメリットはとにかく時間のロスだと考えています。

 

仮に毎日5分バスが遅れると想定します。

月に20日間会社に通うとして往復で遅れた場合なんと

200分(3時間以上)

時間のロスをしていることになります。

この時間があれば、趣味や睡眠に充てられるかもしれません。

もしくは、仕事に割けることもできるでしょう。

 

このようにバス通勤は、時間的なロスが多いというマイナスポイントがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

考え方を変えればバスの乗り継ぎをするよりも、駅の駅徒歩圏内で生活をしたほうが時間的価値は高いと思います。

人生にとって時間というのはとても貴重な財産です。

もしよろしければ何かの参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました