早めに買いたい子育てアイテム|ベビーサークルを最速で買うべし

ベビーサークルアイキャッチ子育て

こんにちは!

今回は、「早めに買いたい子育てアイテム、ベビーサークルを最速で買うべし」について解説したいと思います。

ハイハイやつかまり立ちを始めた赤ちゃんの成長は嬉しさもありますが、反面行動範囲が広くなって目が離せない時があると思います。

そこで、赤ちゃんの安全を守りながら家事なども行えるアイテムとしては、

ベビーサークル

が最も頼りになるアイテムです。

 

活発な赤ちゃんの育児に困っているパパさん、ママさんは是非この記事を参考にしてみてくださ

 


この記事は1分で読めます。


 

子育ては目が離せない

写真はイメージです。

赤ちゃんから目が離せないことってありますよね?

ハイハイからつかまり立ち、一人歩きというようにどんどん行動範囲が広がっていきます。

行動範囲が広がると、家の中にあるあらゆるものに手を伸ばして遊ぼうとします。

例えば

・TVの前に立ちTV画面を触る

・引き出しを全部開ける

・キッチンまで侵入

等々、縦横無尽に動き回ります。

初めは成長を感じられ可愛いなと思いますが、これが毎日になると目が離せないので家事が進まなかったり、TVが見れない、洗濯もできないなどのストレスになります。

 

育児において、日々のストレスを緩和できるアイテムは必要です。

早めに揃えて精神的にも肉体的にも安定して子育てライフを継続していきましょう。

ベビーサークルは早めに揃えるべき

写真はイメージです。

さて本題です。

私も前述のように、日々成長しながら動き回る我が子の行動に結構悩まされました。

因みに私が買った子どもの行動を制限するアイテムは、以下です。

(購入順番)

レインフォレスト・ジャンパルー(子どもがジャンプして飛び跳ねるアイテム)

ベビーゲート(キッチンや他の部屋に行かないようにする扉)

ベビーサークル(子供を囲う柵です。)

後ほどそれぞれのスペックは紹介しますが、結論から言ってベビーサークルだけあれば充分です。

ベビーサークルをオススメする理由

その理由は、

・ハイハイをするのに充分な広さが確保されている。

・大人と子どもが一緒に入れるくらい広い。

・赤ちゃんを一人にしても外へ出られないので目を離しても安心。

という点ですね。

私が購入したベビーゲートは、タテ180cm×ヨコ180cm(約2帖)の大きさです。

その下にプレイマットを敷いています。(こんな感じです。)

 

これを購入してから料理や洗濯、洗面所での髭剃りも安心してできるようになりました。

購入前は狭くて我が子が嫌がるかな?と思いましたが、全くそのようなことはありません。

このゲートの中で絵本を読んだり、TVでyoutubeを観たり、ボールで遊んだりと自由に遊んでいます。

商品詳細はこちら

子供にも親にも良いベビーゲートは早めに購入するべきアイテムだと思います。

因みに我が子が観ているyoutubeチャンネルはこちら

買わなくていいもの

写真はイメージです。

続いては買わなくていいもの編です。

これから以下のアイテムを購入することを考えている方は一度ご検討下さい。

レインフォレスト・ジャンパルー

家事をしたい時にこれに入れて大人しくしてもらおうと思って購入しました。

商品詳細はこちら

ジャンプをすると音が流れる代物なのですが、わが子はあまりジャンプをして遊びませんでした。。。

また、長時間入れておくとおしっこをしていることもあり、シートがおしっこだらけになり洗濯が大変なんていうこともありました。

そして意外と大きいので幅を取ります。

生後4ヶ月~1歳になるまでの8ヶ月以上は家に置いていましたが、最後の2ヶ月は入れられるのを嫌がりほとんど使用しませんでした。。

ベビーゲート

こちらはキッチンの侵入防止で購入しました。(特定の商品ではないのでリンクはありません)

ハイハイを盛んに行い始めた生後6ヶ月あたりから使用。

これもベビーゲートさえあればキッチンに侵入することはないので、早急に購入する必要はないと思います。

出入りする時にいちいち扉を開ける作業があり面倒でした。

キッチンが狭いと圧迫感もあるので、あまりオススメできません。

赤ちゃん専用の部屋から出さないようにする時には使えると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの行動範囲が広くなってきたと思った時はまずベビーゲートの購入が第一だと思います。

日々成長していく我が子の成長は頼もしく可愛いのですが、大きくなるにつれストレスが増えることもあると思います。

少しでもストレスを緩和できるアイテムを見つけて、楽しい子育てライフを過ごして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました